問題社員の解雇・円満退職サポート|トラブルを未然に防ぐ!無料相談実施中

問題社員の解雇・円満退職サポート

【対応地域】京阪神地域(その他地域について応相談)

075-708-8349

電話受付時間 : 平日9:00〜20:00 休業日:日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

私生活上の非行/アルバイト、兼業、副業は認められるのか

サラリーマンのアルバイト、副業は「非行」でしょうか?
兼業農家仕事が終わってから、あるいは、休みの日にアルバイトするなど許せない! そんな意見があります。

しかし、その人が、家業を手伝ってはいけないのでしょうか? 兼業農家、はダメですか?
資産形成としての、不動産事業は許されませんか? 
そもそも、把握可能ですか?

この問題について考えてみます。

原則論としてアルバイトは自由です

労働時間は「労働者が使用者の指揮命令の下に置かれている時間」と定義されます。賃金支払いの対象時間です。
当然のこととして、労働時間以外=賃金支払対象以外の時間を、社員がどのように使おうと自由です。

就業規則による「兼業」の禁止の有効性

わが国の労働法では、社員の兼業に関する禁止規定はありません。公務員は法律で兼業が禁止されていますが、民間企業の従業員の兼業は禁止されていないのです。
就業規則そこで、多くの会社では従業員の兼業を就業規則で禁止しています。

裁判例は、従業員が就業時間以外の時間をどのように過ごすかは従業員の自由に委ねられているのが原則であり、就業規則で兼業を全面的に禁止することは不合理であるとの前提に立っています。
就業規則の兼業禁止規定は、それ自体が直ちに無効にならないものの、就業規則によって禁止できるのは、会社の企業秩序を乱し、労働者による労務の提供に支障を来たすおそれのあるものに限られる、ということが基本的な考え方となります。

例えば、勤務時間中に副業をしていたり、勤務時間外であっても会社の備品を消費して副業しているような場合には、企業秩序を乱すものと評価されるでしょう。

競合会社の取締役へ就任したような場合、会社の企業機密を漏らすような場合も同様です。

また、裁判例では、勤務時間終了後に深夜零時までキャバレーの会計係を兼業していた従業員に対する普通解雇のケースで、軽労働とはいえ会社への労務提供に支障を来たす程度の長時間の兼業であるとして、普通解雇が解雇権の濫用とはいえないと判断したものもあります。

他方、会社の職場秩序に影響せず、かつ、会社に対する労務の提供に大きな障害にならない程度・態様の兼業は、就業規則によっても禁止できません。例えば、勤務時間外に短時間のアルバイトをする程度で、会社の企業機密漏洩や競業避止義務違反がなければ、業務上の具体的な支障がないものとして、兼業禁止規定に抵触しないと判断されます。

客待ちタクシー裁判例では、タクシー運転手が就業時間後、1ヶ月に7,8回ほど輸出車移送のアルバイトをしていたというケースで、就業規則上禁止される兼業には該当するものの、これを理由とする普通解雇は解雇権の濫用であると判断したものがあります。
また、私立学校の専任講師が喫茶店経営をしていたことを理由とする懲戒解雇・普通解雇がいずれも就業規則の解雇事由に該当せず、また解雇権の濫用にあたるとして解雇を無効とした裁判例があります。

このように、従業員による兼業が発覚した場合、就業規則で禁止されているからといって直ちに懲戒できるわけではなく、兼業が及ぼす企業秩序への影響、労務提供への支障などの点について綿密に検討し、懲戒の可否を慎重に判断する必要があります。

時代の流れと対処法

株取引 破綻労働契約法の制定時に、就業規則の兼業禁止規定を無効とすべきではないか、という議論が行われました。この条項を盛り込むことは見送られましたが、基本的な潮流は変わっていません。現在の安倍内閣の「働き方改革」でも、原則禁止ではなく届出制とすべきこと、就業規則には具体的な禁止条項を定めることが検討されています。
就業規則の粗いイメージです。
① 兼業は届出制とする。
② 当社就労に支障を及ぼす場合、競業関係にある兼業の場合、その他企業秩序を害する場合は、兼業を禁止する。
③ 届け出の際、②について誓約書を提出する。

特定社労士 林田事務所(京都市)では、問題社員への対応、解雇トラブル回避と円満退職(退職勧奨)サポート、リストラ、就業規則見直しおよび労務トラブル予防などについて初回無料相談をお受けしています。ホームはこちら。
お問い合わせ

無料相談受付中!
075-708-8349
今すぐ、お気軽にお電話ください。 代表の林田が直接対応いたします。
【対応時間:9時~20時(月~土)】
【休日:日・祝日】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top